ライン作業ってどんな内容?検査の仕事は誰でもできる?

ライン作業でどんな仕事をするか

これまでした経験のない仕事をするとき、事前に仕事内容などを聞くときもありますが不安もあるでしょう。工場での求人に応募をするときも、簡単な仕事などと書かれているのを見て応募を決める人もいます。誰でも簡単なのか、自分でもできるか不安のまま初出勤するかもしれません。工場の仕事で多いのがライン作業です。工場は物を作るところですが、一つの工程ですべて完成されるのではなく、少しずつ加工が加えられます。作りかけの製品が載せられ、ライン作業をする人が自分の担当の加工をしていきます。基本的には一つの作業の繰り返しなので、一度作業を覚えたら後はそれをするだけです。女性であれば、危険な作業や重いものを持つ作業などは担当にならないでしょう。

出来上がった製品を検査する仕事

日本製の製品は世界的にも品質が高いとされています。最近は日本以外の国の品質も高くなっていますが、それは日本の技術がいろいろ関係しているとも言われます。工場で作られた製品はどんどん出荷されますが、出荷される間に行われる作業として検査があります。見た目は完成しているようでも、特定の操作をしても動かなかったり、すぐに壊れてしまうときがあります。問題なく使えるかを調べるために、完成品をいろいろ検査します。電気製品であれば、きちんと電気が通電しているか、ボタンが機能しているかなどを調べるだけなので作業としてはそれほど難しくありません。問題がある製品があまりないので、検査作業自体はあまり面白みがないかもしれません。

イカイアウトソーシングはこちら