工場で残業は多いの?時間通りに帰宅できる?

工場の残業時間は管理されている

工場でも忙しい時期は残業があります。ですが残業時間は管理されていて、決められた時間まで残業すれば、必ず帰宅ができます。サービス業や営業とは違って、お客様の都合などで残業時間が延長されてしまうことはありません。出退勤もタイムカードできちんと管理されていて、不当残業やサービス残業の発生もほとんどありません。特に近年は労働基準監督署の監査も定期的に入るため、36協定違反をする工場はほとんど見当たらないと言えるでしょう。毎日、決まった時間に帰宅できることは、主婦にはとっても助かることですし、趣味やお稽古ごとに時間を使いたい人にも適した労働条件です。長時間残業を行った人には、産業医の面談を行うなど、社員の健康管理にも目が行き届いています。

給料を増やしたい場合は残業も可能

36協定範囲ならば、残業することも可能です。通常、残業を依頼されたり申し出ることが必要ですが、残業がある職場は多いです。工場でもお客様の納期に間に合わせるための残業は発生していて、時間外手当は割増しとなるので、ちょっと稼ぎたい人は残業を申し出る人もいます。昔の様に際限なく働くということは無くなりましたが、決められた範囲内での残業はあります。有名企業の何社かが、不当残業や残業手当の未払い問題などが表面化して以降、労度基準監督署の指導も厳しくなっているので、残業代の未払いなどは無くなってきていて、安心して残業を行うことができます。安定した給料と労働時間を希望するなら工場の仕事が一番適していますね。

イカイインダストリィの求人情報なら