意外と選べる!薬剤師の働き方4つを紹介します

処方箋に基づいて薬を処方!病院や調剤薬局で働く

薬剤師と言えば一番にイメージするのが病院や調剤薬局で働く薬剤師でしょう。医師の処方箋に基づいて、薬を調剤します。間違いのない様に素早く薬を調剤する技術が求められます。患者さんの薬の服用の仕方や副作用などについての相談も受け付けます。

子育て中の主婦薬剤師にも人気!ドラッグストアで働く

ドラッグストアで働く薬剤師は、子育て中の主婦も多いです。パート勤務も可能で、時間の融通が利きやすいところが人気の秘密です。市販薬についてだけでなく、ドラッグストアで販売している商品についての知識や接客スキルも必要になる職場です。

新薬の研究に心血を注ぐ!製薬会社で働く

製薬会社で働く薬剤師は、日々薬の研究や企画をしています。病気に対する治療薬を開発する部門もあれば、殺虫剤などを研究する部門もあります。待ったく新しい薬の研究はもちろん、最近はジェネリック医薬品の研究開発も大切な薬剤師の仕事となっています。実験や研究が好きな薬剤師にはおすすめの職場です。

安定感は随一!公務員として働く

公務員でも薬剤師は募集されています。具体的には、市町村の保健センターなどで食品衛生に関わる業務や公衆衛生に関わる業務につきます。安定して働くことができるのが、公務員薬剤師の魅力です。薬剤師は、どうしても同僚も薬剤師や医療関係者ばかりになりがちですが、公務員であればいろいろな業種の人と日々触れ合うことができます。
また、麻薬取締官でも薬剤師は募集されています。実際に薬物犯罪の捜査をすることもあります。国家を舞台に活躍したい人は挑戦してみる価値があるでしょう。

薬剤師のシニア求人の良い所は、即戦力として期待できることです。幅広い知識を活かして活躍することは疑いようもありません。