見失ってはいませんか?英語の面接で本当に大事なこと。

面接はコミュニケーションの一つ

英語の面接と聞くと、何を話したらいいのかわからなくなってしまう人が多いと思います。日本人の場合、いままで学んできた英語の学習方法が頭に刷り込まれてしまっているため、受験英語の長文読解での英文や難解な英作文をイメージしてしまっているケースが非常に多いです。しかし面接は試験ではありますが、コミュニケーションの一つです。そのことを念頭に置いて、落ち着いて対策を考えましょう。

不必要に難しい英文は必要ない

面接官はあなたの何を見ているのでしょうか?語学の知識も勿論見ていますが、質問に対して簡潔にわかりやすく的確に答えられるかどうかが大事です。日本語同士の会話でも、難しい単語を並べて話す人がいます。知識の凄さは伝わるかもしれませんが、簡潔でわかりやすい会話になることは想像しにくいでしょう。どう答えれば伝わりやすいのかを、しっかり対策していきましょう。

いきなり英語の面接の対策を始めるのはNG

いきなり英語で対策するのは生産性が低いです。日本語の面接で聞かれるであろう質問とそれに対する答えをしっかり準備して、その内容をわかりやすく英語で答える対策を練りましょう。

表情や礼儀作法にも気を抜かない

面接の終わりには、仕事内容に対して興味を示し、次回以降の面接に対しての提出物についてやスケジュールを確認しておきましょう。また面接に時間を割いてもらったことには、しっかりと感謝の気持ちを伝えましょう。そして笑顔を忘れず、元気よくが基本です。最後に決め手になるのは人間性です。英語であろうが日本語であろうが、仕事は人との繋がりです。仕事はコミュニケーションだということを見失わないようにしましょう。

外資系の転職に英語力はある程度必要ですが、ネイティブのようにペラペラ話せる必要は全くありません。ただし、日系企業よりも相手にはっきりと伝える力が重要視されています。