現場の求人動向は?非常勤医の働き方について

非常勤医の勤務形態について

医師の働き方には、常勤に加えて非常勤があります。非常勤は常勤医師として認められる、1日8時間程度の勤務以外の働き方となります。その他、週に2時間以上の勤務が4日以上続く場合も、常勤扱いされることがあります。一方、非常勤の場合も2種類の勤務形態があり、定期非常勤と非定期非常勤となります。前者は週に1~2日と勤務日が決まっており、後者は当直や検診など特定の日に勤務するものです。因みに医師にとって安定収入につながるのは、前者の定期非常勤の方です。

非常勤医が求められる分野

非常勤の医師が求められるのは、科目に関わらず外来対応が最も多くなっています。その次に多いのが病棟などでの当直で、救急対応の求人も少なくありません。外科系では、常勤医が執刀することが殆どで、非常勤が症例を増やすことは難しいとされます。但し、眼科の場合は白内障や緑内障の手術を、非常勤にが担当することは珍しくありません。また、美容外科や美容皮膚科に関しても、非常勤が活躍出来る場が比較的多いと言えます。

民間の人材紹介は増える傾向

非常勤医として働く背景には、常勤先の空き日を利用した収入増が挙げられます。その次には資格取得等を目的とした症例増やスキル向上です。そして3つ目として、女性医師が育児と仕事を両立させるためです。統計では約4割の非常勤医が週1日程度で、勤務形態としては日勤が半数を占めています。午前や午後の半日勤務は全体の2~3割で、それぞれが多様な働き方を選んでいるわけです。入職の経緯としては、同僚や知人の紹介が多く、次いで医局の紹介となります。民間の人材紹介は2割ほどですが、その割合は年々増加しています。

ベテラン医師の募集情報を探したいときには、マンツーマンのサポートが充実している求人サイトが便利です。特にコンサルタントが提供する、非公開情報を積極的に活用するのがポイントです。